保育園・幼稚園・小学生の子供用リュックのサイズ表【年齢別・シーン別・ブランド別】

悩むママ

子供にリュックを買いたいけど、どの容量・サイズ・ブランドがいいの?
これじゃなかった…、小さすぎた…って失敗したくない。年齢や使用場面別にサイズ表の早見表があれば助かるのに
ついでにオススメのキッズリュックがあるなら知りたい。

…という方向けの記事です。

子供のリュックって、選びづらくないですか?

意外と「サイズ」や「大きさ」の情報がなくて。

「実際に大きさを見よう」とお店に行っても、置かれてる子供用のリュックって少なくて。

悩むママ

通販で買うのはいいとしても、容量・サイズ・大きさのレビューをガン見するしかない

ぼく自身がそうだったので、次のような子供と一緒のシーンでは

  • 幼稚園の送り迎え
  • 遠足の付き添い
  • 塾の送り迎え

周囲の子供のリュックを無意識のうちにチェックしまくりまして笑

たくさんのキッズリュックを見たおかげで、こんなことが分かるようになりました。

  • 通園や遠足では、このリュックを持ってる子が多いなぁ
  • 塾や習いごとでは、こういう形のリュックが流行りなんだね
  • 子供向けリュックはこのブランドが人気なのか

今回はキッズリュック選びで疲弊した昔の自分に届けるイメージで、「保育園・幼稚園・小学生の子供向けリュックのサイズ選びのヒント」をお届けします。

この記事が多くの親御さんにとって「助かった!」という記事になれば嬉しいです😌

クリックで年齢別・使用シーン別・ブランド別に探せる!

目次

保育園・幼稚園・小学生の子供向けリュックのサイズ表(年齢別・使用シーン別)

早速、幼児・小学生を対象にした「年齢」「使用シーン」別のサイズ表です。

年齢主な使用シーンリュックの中身容量(L)
1歳一升餅、1歳誕生日祝お餅、着替、オムツ4-8L程度
2歳保育園着替、オムツ、お尻拭き8-12L程度
3歳保育園、幼稚園、習いごと着替、オムツ、お尻拭き10-15L程度
4歳幼稚園、習いごと、遠足タオル、弁当、敷物15L程度
5歳幼稚園、習いごと、遠足タオル、弁当、敷物15L程度
6歳通学、習いごと、遠足筆箱、タオル、弁当15-20L程度
7歳(1年生)通学、習いごと、遠足筆箱、タオル、弁当15-20L程度
8歳(2年生)通学、習いごと、遠足筆箱、タオル、弁当15-25L程度
9歳(3年生)通学、習いごと、遠足筆箱、弁当、水筒15-25L程度
10歳(4年生)通学、通塾、遠足筆箱、弁当、水筒20-25L程度
11歳(5年生)通学、通塾、遠足筆箱、弁当、水筒20-25L程度
12歳(6年生)通学、通塾、遠足筆箱、弁当、水筒20-25L程度
宿泊学習/林間学校修学旅行弁当、水筒、着替など30L-50L程度
保育園・幼稚園・小学生の子供向けリュックのサイズ表(年齢別・使用シーン別)

イメージを掴んでいただきやすいよう、使用シーンごとのリュックの中身の代表例も添えてみました♪

サイズ感さえ分かれば「我が家の子供の場合には〜〜」と考えやすくなりますよね。

カンガルーパパ

年齢別・使用シーン別・ブランド別のキッズリュックの情報があればさらにリュックが選びやすくなるはず。

早速ご紹介しますよ!

【年齢別】キッズリュックのサイズ選びのヒント

子供の年齢から逆算して、キッズリュックのサイズ選びで押さえるべきポイントをお伝えします。

もちろん、子供の成長度合いに多少の差はあるでしょうが、参考にはなるはず💡

カンガルーパパ

「サイズ感……合ってるよな?」の確認にどうぞ^^

1歳・2歳(ベビー〜保育園児)は8L〜10L前後のサイズのリュック

リュックとは名ばかりでして、子供が背負うより、大人にとって「子供の荷物入れ」になるシーンが多いはず笑

4Lや8Lのリュックは大人から見れば超絶小さいですが、入れるものを考えれば十分です。

おそらく、リュックの中身は以下が3強になるでしょう笑

  • オムツ
  • お尻拭き
  • 着替え

移動する時間や場所に応じて、タオルやおもちゃやボーロなどのお菓子も入れたりして、リュックはパンパンになりがち。

かといって、子供の体も小さいですからね、あんまり大きなものを買うには…という時期です💦

3歳・4歳・5歳・6歳(幼稚園児)は15L前後のサイズのリュック

リュックの使用頻度が爆上がりする時期です🚀

  • 毎日の保育園・幼稚園への登園・通園
  • 遠足や習いごと
  • 日帰りのお出かけ

幼稚園入園を機に登園用・遠足用のリュックを買うケースも多いはず。

リュックの中身から「お尻拭き」などのベビー用品はなくなり、

  • タオルや着替え
  • 弁当や水筒
  • 敷物や筆記用具

が常備されるように。

後ほど触れますが、この「15L前後」を取り扱うリュックブランドは実は多いんです。

買う立場の親としてはありがたい反面、「どれを買えばいいんだ…」と一番頭を悩ます時期ですね💦

悩んだ時は子供に選んでもらいましょう笑

7歳・8歳・9歳(小学生低学年)は20L前後のサイズのリュック

小学生も低学年から徐々に中学年になるにつれ、活動範囲が広がります。

  • 学校によっては宿泊学習やキャンプに
  • 家庭によってはスポーツなどの習いごとや家族旅行に

宿泊を伴うイベントに参加することも増えてくるはず。

1泊分の着替えなどを入れるとあっという間にリュックが目一杯になります。

その季節が冬で雪山体験とかになると、まぁ、かさ張りますね😱

宿泊学習の泊数が増えるたび、どんどん必要となる容量が大きくなっていく笑

宿泊学習の際は、30L以上のリュックを指定されることも。後述する使用シーン別にオススメのリュックをピックアップしましたので、ご参考ください。

10歳・11歳・12歳(小学生高学年)は使用シーンに応じたリュック

習いごとなど含めて、1人でいろんな場所に通う機会が増えます

親が持つと「重っ!」という量を背負って出かけていく子供を見送ることも。

まぁ、ランドセルがそもそも重たすぎるわけですが😨

リュックの大きさだけで言えば、もう十分大人。

習いごとやスポーツ、塾や林間学校など、使用シーンに応じたリュックを選びましょう。

カンガルーパパ

中学生以降でもそのまま使えるデザインを選ぶのが吉です😌

【使用シーン別】キッズリュックのサイズ選びのヒント&おすすめ

主な使用シーン別に、キッズリュックのサイズ感をお伝えします。

大きく以下7つの使用シーン別です。

  1. ベビーリュック:保育園入園や1歳の誕生日祝いに(5L前後)
  2. 2歳・3歳の保育園登園・通園や日常使いに(10L前後)
  3. 4歳・5歳・6歳の幼稚園入園・登園・通園に(15L前後)
  4. 幼児・未就学児〜小学生低学年の遠足・習いごとに(15L前後)
  5. 小学生の中学年・高学年の遠足・習いごとに(20L前後)
  6. 塾通いに「スクエア型」「ボックス型」(20L前後)
  7. 宿泊学習/林間学校/臨海学校に(30L以上)

オススメの子供向けリュックもピックアップしてご紹介します。

ぼくの一言に加え、公式サイトの「想定使用シーンに関するコメント」も適宜引用しますので、参考にどうぞ💡

「違う色も見たい」場合は、各通販サイトのリンクをクリックしてご確認ください。

子供向けリュックは全国のパパママが遠足や運動会などのイベントで一斉に購入に動きがちです。お気に入りがあれば早めの購入が吉。特に、色は競争が激しいですよ笑

選択肢が多すぎても困る…」「失敗しなければOK!」という方へ

この次の「ブランド別」をご覧いただくのがオススメ。子供向けリュックの超定番、以下2ブランドからサクサク選べるからですね。

  • ノースフェイス:実は取り扱う子供向けリュックのサイズ展開が最多、シーン別に選びやすい
  • コールマン:定番の「ウォーカー」シリーズがロングセラー&ベストセラーでテッパン

ベビーリュック:保育園入園や1歳の誕生日祝いに(5L前後)

その名前のとおり、0歳〜2歳くらいの赤ちゃん向けリュックです。

主な使用シーンは次のとおり。

  • 保育園入園
  • 1歳の誕生日プレゼントや「一升餅」といった記念
  • ハーネス(子供用リード)付きで1人歩きのトレーニング

中に入れる荷物は、オムツとお尻拭き、着替えがメインになるでしょう笑

カンガルーパパ

赤ちゃんらしい「映える」リュックが人気ですよ😌

dad’cco(ダディッコ) ハーネスリュック(りんご)

迷子紐で子供と一緒に外歩きを楽しめる、一升餅で1歳の誕生日お祝いにもピッタリ!

マムート ファーストジップ(4L)

スイスのアウトドアブランド。マンモスの映え力が強烈で思わず欲しくなってしまう笑

オーシャンアンドグラウンド DAYPACK CRAZY(4.5L)

色がかわいい!S:約4.5L(1歳〜2歳)、M:約10.5L(2歳〜3歳)の2サイズ展開です。

コールマン キッズプチ(5L)

ベビーにして本格派リュックの装い。コールマンは基本5Lごとのサイズ展開で選びやすいのが吉。

ザノースフェイス バークレーミニ(7L)

13種類あるノースフェイスのキッズリュック最小版。チェストベルトがマジックテープの優しさ。

2歳〜3歳の保育園登園・通園や日常使いに(10L前後)

2歳〜3歳向けのリュックです。

実はリュックの中身は1歳とさほど変わらず、オムツ・お尻拭き・着替えの3強です笑

家族でベビーカーで公園などに出かけたり、日常使いし始めるころでもあって。

タオルやおもちゃ、ボーロなどのお菓子も入って、リュックもパンパンになりがちです😱

ザノースフェイス ホームスライス(8L)

ノースフェイスのキッズリュックで二番目に小さい。丸いフォルムと動物のワンポイントが特長。

カリマー ステップ10(10L)

イギリスのアウトドアブランド、「Carry more(もっと運ぶ)!」が語源。独特の色彩が印象的。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

コールマン キッズウォーカーミニ(10L)

コールマンの定番「ウォーカー」のキッズ版

コロンビア プライスストリームユース (12L)

コロンビアのユース(子供)向けリュック、アウトドアはもちろん日常使いにもぴったり!

アウトドアプロダクツ キッズチアフルデイパック(13L)

デザイン20種類超→男の子も女の子も好きが見つかるうえ、リーズナブルな値段が人気!B5も入る!

4歳・5歳・6歳の幼稚園入園・登園・通園・遠足に(15L前後)

主に幼稚園の年少・年中・年長を想定したリュックです。

中身の主役も、着替えやタオルやコップがメインになり、日によってはお弁当が入ることも。

習いごとに通うときには、筆箱やプリントを入れたりして、用途はどんどん広がっていく👍

次に紹介する遠足用と兼ねてもいいし、「遠足用は着替えも含めてもう少し大きめを」と分けて考えるのもアリです。

「遠足にはどんなリュックで来る子が多いの?」と気になる方へ

子供の遠足に帯同したときに密かに調べた人気のリュックをまとめました。ご参考にどうぞ^^

ミレー フラッシュ(14L)

フランスのアウトドアブランド、上品な色合いで「お子様にピッタリ」(公式サイト)のイチオシです

ザノースフェイス スモールデイ(15L)

「未就学児から小学生まで対応する機能的なアウトドア用デイパック」(公式サイト)の人気モデル

コールマン ウォーカー15(15L)

定番のウォーカーシリーズの15L版。このサイズから「キッズ向け」ではないので親も使える笑

コロンビア キャッスルロック(15L)

コロンビアの定番モデル「キャッスルロック」。12L、20L、25Lもあります。

マムート  ファーストジップ(16L)

「マンモス」の映え力が通用するのもこの年齢がギリギリ?笑

アウトドアプロダクツ ジュニアチアフルデイパック(19L)

キッズチアフルデイパック(13L)がA4も入る大きさに進化!男女問わず定番です。

幼児・未就学児〜小学生低学年の遠足・習いごとに(15L前後)

キッズリュックの「15L」は様々なアウトドアブランドひしめく戦国時代です。

1つ上で取り上げた通園リュックを遠足にも使うも良し。

ここで取り上げる遠足用を通園にも使うも良し。

ぶっちゃけ、超大きな違いがあるわけではありません😌

ここでは特に遠足や習いごとにフォーカスして3ブランドをピックアップしますよ。

幅広い選択肢をお楽しみくださいませ😌

ケルティ サイクルハイカー(15L)

上が「パカッ」と開くタイプ。荷物がかさばりがちな遠足は出し入れしやすいほうが吉。

ノースフェイス レクタング(17L)

上が「パカッ」と開くタイプ。A4も余裕で入り、塾などテキストを扱う習いごとにおすすめ。

カリマー セクター18(18L)

イギリスのアウトドアブランド、カリマー定番のモデル「セクター」。少し大きめです。

小学生の中学年・高学年の遠足・宿泊学習・習いごとに(20L前後)

小学生も中学年・高学年になると、リュックの中身も大人と同じようなレベルになります。

具体的には以下ですね。

  • 弁当
  • 水筒
  • タオル
  • 着替え
  • 筆記用具や教科書
  • 書類や財布

当然リュックのサイズも大人顔負けに。

カンガルーパパ

親子で使うというケースも増えてくるサイズ感ですよ😌

ミレー マルシェ(20L)

フランスのアウトドアブランド、ミレー。容量多く、派手すぎないデザインで遠足や一泊の旅行などにも◎

ザノースフェイス テルス 20(20L)

大人向けモデル「テルス」のキッズ版、「小学校中学年~高学年の日帰り用」(公式サイト)です。

ノースフェイス ラウンディ(22L)

林間学校向けを除けば、下のトスボックスと並び、ノースフェイスのキッズリュックで最大のモデル。

ザノースフェイス トスボックス(22L)

自立しやすい形が特長。1泊の宿泊学習やサマーキャンプならこれでOK!1泊なら…笑

ケルティ テーブルランド(23L)

一定の収納力を備えながらオシャレな色味が魅力

コールマン ウォーカー25(25L)

ど定番、超ベストセラーの25L。キッズ向けの10Lに加え、15L、20L、33Lもあります。

塾通いに「スクエア型」「ボックス型」(20L前後)

子供を塾に送迎するとき、出入り口で子供たちのリュックを観察して気づいたこと。

  • バッグはほぼ100%がリュック(手提げほぼゼロ)
  • ほぼ3人に2人がノースフェイスかコールマン
  • そのさらに半分が四角い形のスクエア型(ボックス型)

結構衝撃じゃないですか?(笑)

そんな感じで、塾や習いごとのシーンでは「スクエア型」(「ボックス型」)が人気です。

「塾にはどんなリュックで来る小学生が多いの?」と気になる方へ

子供の塾の送迎時に密かに観察した人気のリュックをまとめました。ご参考にどうぞ^^

コールマン ジャックインパック(18L)

上が「パカッ」タイプで、書類の収納などが行いやすい

コールマン シールド(18L)

丈夫で雨に強い「スポーツ少年やアクティブな子供たちのためのバッグパック」(公式サイト)

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

カリマー  ユーティリティ20(20L)

書類やかさばるウェア類含めて入れやすい開口部が特長。名前のとおり、いろんなシーンで使えます。

ノースフェイス BCヒューズボックス2(21L)

塾通いや習い事などの用具がたっぷり入る21L、ゴツく見えますが子供が背負うと意外と普通です笑

アディダス:ボックス型リュック(23L)

スポーツブランドでありながら、ボックス型リュック界でも人気です。

宿泊学習/林間学校/臨海学校に(30L以上)

年齢を重ねるにつれ、宿泊数も1泊どころか数泊するケースがあって、当然荷物も大きくなりがち。

例えば、

  • キャンプ
  • 林間学校
  • 臨海学校
  • 修学旅行

アウトドアブランドでは、それに対応するリュックがいくつかありますので、ここで取り上げますね💡

ちなみに、おすすめは「ボストンバッグタイプのリュック」です。

理由は、子供が成長しても使いやすい形状だから、ですよ。

「宿泊学習や林間学校にはどんなリュックで来る小学生が多いの?」と気になる方へ

サマーキャンプの子供の送迎時に密かに観察した人気のリュックをまとめました。ご参考にどうぞ^^

ノースフェイス サニーキャンパー(30L)

ノースフェイスのキッズリュックの親玉的な存在です笑

コールマン:トレックパック(42−50L)

コールマンも林間学校向けのモデルあり。

ノースフェイス:ボストンバッグリュック(50L)

リュック、手提げ、肩掛けの3通りで使えるタイプのノースフェイス版、長く使えます!

コールマン:ボストンバッグリュック(50L)

リュック、手提げ、肩掛けの3通りで使えるタイプのコールマン版、このタイプは開口部が大きく入れやすい!

【ブランド別】子供向けリュックのサイズ展開豊富なブランド2選

結論、アウトドアブランドがおすすめです。

理由は次のとおり。

  • 登山や雪山などで動き回る想定でのリュック作りのノウハウあり
  • アウトドアならではの厳しい環境でも軽くて背負いやす
  • 子供独特の雑な扱いでもすぐに壊れたり破れたりしない

アウトドアブランド以外にもスポーツブランドやファッションブランドがありますが、

  • スポーツブランドのリュックは「スポーツの行き帰りの荷物を入れるバッグ」でしかなく
  • 子供服ブランドのリュックは「日常使いのバッグ」でしかない

んですよね。

子供はやっぱり動き回るし、リュックは、毎日の登園だけじゃなくて、遠足や運動会、家族のお出かけでも使うはず。

そう考えると、やっぱりアウトドアブランド一択です。

その証拠に、アウトドアブランドもキッズリュックに力を入れてます。

ただし、子供向けリュックを複数展開するリュックブランドは限られています。

今回は、以下2ブランドをオススメとして取り上げますよ。

理由はそれぞれ以下のとおり。

  • ノースフェイス:実は取り扱う子供向けリュックのサイズ展開が最多、シーン別に選びやすい
  • コールマン:定番の「ウォーカー」シリーズがロングセラー&ベストセラーでテッパン

では、上から1つ1つご紹介しましょう。

ザ・ノース・フェイスのキッズリュック

キッズリュックの超定番です。

最大のウリは、キッズリュック13種類を扱うこそのサイズの豊富さ、想定使用シーンの具体さです。

ザ・ノース・フェイス公式サイトでは、1つ1つのリュックの想定使用シーンが示されているんですね。

例えば、以下はスモールデイ(15L)の商品画像と説明です(黄色箇所参照)

ノースフェイスリュック_K Small Day_アイテムギャラリー(公式サイト)
ノースフェイスリュック_K Small Day_アイテムギャラリー(公式サイト)
ノースフェイスリュック_K Small Day_想定利用シーン(公式サイト)
ノースフェイスリュック_K Small Day_想定利用シーン(公式サイト)

これを表にまとめると次のとおり。

太字部分の想定使用シーンを見れば、どれを選べばいいかイメージがつきやすいのが嬉しいですよね!

商品名・大きさ(容量:L)使用シーン(公式サイトより引用・抜粋)
バークレーミニ:7L子供のちょっとしたお出かけや遠足
ホームスライス:8L行動範囲が広がる3-4才ほどのキッズに対応
フライウェイトリトルデイ:9L林間学校や旅行中の町歩きに重宝する、ジュニア向け9L容量の軽量
ホットショットミニ:13L通園やちょっとしたお出かけなど、普段使い
スモールデイ:15L未就学児から小学生まで対応する機能的なアウトドア用デイパック
フライウェイトデイ:15L林間学校や旅行中の町歩きに重宝する、ジュニア向け15L容量の軽量
レクタング:17L未就学児から小学生まで対応するデイパック(リュック)
バークレー:19L自然学校やキャンプ、遠足に使いやすい
テルス:20L小学校中学年~高学年の日帰り用に適したトレッキングパック
ヒューズボックス2:21L塾通いや習い事などの用具がたっぷり入る
ラウンディ:22Lトレッキングからデイリーユースまで幅広く活用できる
トスボックス:22L1泊の林間学校やサマーキャンプに適した22L容量のキッズ用中型
サニーキャンパー:46L林間学校やサマーキャンプに適した、ワイドシルエットのキッズ用
ザ・ノース・フェイスのキッズリュックのサイズ展開一覧表

詳細は、以下のノースフェイスにフォーカスした記事にまとめています。

ノースフェイスのキッズリュックの詳細はこちら

コールマンのキッズリュック

ノースフェイスに続く定番がコールマンです。

最大のウリは、老若男女問わないベストセラー&ロングセラー「ウォーカー」のキッズ版が3種類ある点です(5L、10L、15L)。

コールマンもノースフェイス同様、公式サイトで商品ごとの想定利用シーンの言及があります。

太字部分で「何歳の」「どんなシーンの」と想像を巡らせながらリュックを選ぶことができますよ。

商品名・大きさ(容量:L)使用シーン(公式サイトより引用・抜粋)
キッズプチ(5L)ファーストバッグとして最適サイズのキッズ用リュック
キッズウォーカーミニ(10L)遠足や通園に最適なキッズ用リュック
ウォーカー15(15L)女性や子供が使いやすい、アウトドアエッセンスを取り入れ
ジャックインパック(18L)大きく開き収納力の高い軽量キッズバッグ
シールド18(18L)スポーツ少年やアクティブな子供たちのためのバッグパック
スクールパック(20L)通学・通塾に最適 スクエア型の20L
ウォーカー20(20L)アウトドアで大切な機能を搭載したマルチユースなバック
シールド25(25L)通学・部活に最適、防水素材のスクエア型25L
ウォーカー25(25L)ハイキングや軽トレッキングはもちろん、デイリーユースも
シールド30(30L)アクティブなスクールアスリートのパートナー
ウォーカー33(33L)家族と過ごす週末、仲間とのフィールドワークに最適
トレックパック(42−50L)林間&臨海学校に最適 防災バッグとしても使える
コールマンのキッズリュックのサイズ展開一覧表

詳細は、以下のコールマンにフォーカスした記事にまとめています。

コールマンのキッズリュックの詳細はこちら

知っておきたい子供のリュック選びのコツ

子供のリュックを選ぶ上で知っておきたいワンポイントをお伝えします。

大きくは次のとおり。

一見多いと感じるかもですが、気楽に眺めてくださいな😌

  • サイズや容量で意識したいこと
  • 子供が使いこなせるか
  • 子供が気にいるか

サイズや容量で意識したいこと

次の2つですね。

  • 弁当は入れるか
  • 書類は入れるか

1つめの弁当は分かりやすいですよね。

いわゆる「お弁当箱」を横に傾けずに入れられるかどうか、です。

奥行き(マチとも言う)の長さが影響しますが、ぶっちゃけ、気にしなくて大丈夫です。

子供向けリュックはお弁当を入れる機会が多い前提で作られていますからね^^

もう1つの書類は、B5やA4のサイズが入るかどうかです。

  • B5:横約18センチ、縦約25センチ
  • A4:横約21センチ、縦約30センチ

小学校低学年くらいから「○○のしおり」などのプリント類を入れることも増えますよね。

「書類が折れ曲がるのは嫌だな」という親御さんは、リュックの形も意識しておくと良きですよ。

当たり前ですが、四角いほうが折れ曲りづらいですからね。

最近では「スクエア型」「ボックス型」というまさに四角いリュックも人気でして、特に習いごとや塾に通う子供が使っていますよ。

子供に使いこなせるか

大きく次の3点です。

  • 開け閉めしやすいか
  • 出し入れしやすいか
  • 持ち運びしやすいか

1つ1つ見ていきましょう。

開け閉めしやすいか

キッズリュックはあくまで子供が使うもの。

ジッパーは極小よりは少し大きめが吉。
2つのジッパーで閉める「ダブルジッパー」のほうが閉めやすいでしょう😌

少しサイズが大きめになってくると、「上からフタを被せるタイプ」もあることを知っておくと吉です。

「かぶせ型」「フラップ型」「リュック型」などと言われ、雨の侵入を防ぎやすい、と言われます💡

出し入れしやすいか

結論、ガバッと大きく開くタイプがおすすめです😌

開け閉め同様、出し入れも行うのは子供自身であることが多いからですね。

そして、収納ポケットの数ですが、多すぎなくて大丈夫です。

使うのは子供なので、そんなに綺麗に収納を分けたりは期待できません笑

持ち運びしやすいか

具体的には次の3点です。

  • 軽いかどうか
  • 背負うときに背中や肩などの負担がかかる部分にクッションがあるかどうか
  • 体にフィットするよう調節できるベルトがあるか

これらは「子供向け」リュックでは、基本気にしなくて大丈夫です。

そもそも、これらを意識していないと「子供向け」のはずがないですから笑

おまけ:キッズ向けならではの意識すること

「子供向け」だからこその意識すべき点を触れておきましょう。

まずは機能面。

  • 反射板:夕方以降に子供1人で帰ってくるような場面ではあったほうが安心。付いてるリュックも多いです。
  • ホイッスル:チェストベルトのバックルにホイッスルがついていることも。
  • 名前欄:名前はリュックの内側に書く商品が多いです。個人情報ダダ漏れは避けたいですよね笑

子供が気にいるか

いわゆる、「色」「柄」「形」といったデザインの観点です。

男の子、女の子でも当たり前に好みに違いがあります

そして、子供自身どんどん好みは変わる。

じゃあ、どうするか。

カンガルーパパ

買い替え前提で選びましょう😌

とはいえ、長く使えるリュックを選びたいですよね笑

まとめ|年齢別・使用シーン別で子供向けリュック選びを攻略しよう

この記事は以下について書きました。

子供にリュックを買いたいけど、どの容量・サイズ・ブランドがいいの?
これじゃなかった…、小さすぎた…って失敗したくない。年齢や使用場面別にサイズ表の早見表があれば助かるのに
ついでにオススメのキッズリュックがあるなら知りたい。

この手の情報はネット上にはありそうであまり転がっていないので、個人的には有益情報だと思います笑

保育園や幼稚園、あるいは、小学校に通うお子さんのリュックをお探しの場面で、役立てていただければ嬉しいです 💡

今回は以上です。

ほんだらのー!

SNSでシェアお願いします
目次
閉じる