子育てアイテム

子供が絵本を読まないのは絵本に存在感がないからです【絵本表紙の見えるラック型本棚が吉】

2020年1月4日

家に絵本があるのに、子供が全く絵本に興味を持ってくれない。。

家に絵本があるのに、子供が全く絵本に興味を持ってくれない。。

我が家も、今でこそ子供たちもそれなりに絵本を読むようになりましたが、以前は全く興味を持ってくれませんでした。

別に絵本がないわけでもなく、それなりの冊数あったはずなんですけどね。。

ところがどっこい、妻がある方法を試した瞬間からガラリと変わり、子供たちが「絵本読んで読んでー!」とせがんでくるようになったんです。びっくりしたぼくが妻に何をしたのか聞いたところ、妻が「ふっふっふ」と言いながら話してくれたことが次の内容でして、本記事の結論です。

絵本は表紙が見えるラック型の本棚が吉

やったこと

単純ですが、絵本を表紙が見えるように置きました。

理由

子供が絵本を見つけやすくするためです。

本当にこれ以上でもこれ以下でもないんですが、少し解説します。

子供が絵本を読まないのは絵本に存在感がないから

子どもたちが絵本に興味を持たない理由は、絵本に存在感がなかったからです。

ざっくり言えば、大人の本棚へのしまい方がイケてないということですね。

ぼくたち大人は本棚に本をしまうとき、本の背中の部分が見えるように収納します。
限られた収納スペースを考えればとても合理的ですが、子どもにとっては

  • 絵本の発見性が低くなる
  • 本来、子供が興味を持つきっかけのはずのカラフルな表紙が見えない

となるんです。

結果、我が家の子供たちは絵本を読まない・絵本に興味を持たない、となっちゃってました。

絵本の表紙が見えるように置く

対策は簡単です。

表紙が見えるようにすればいいだけ。

冷静に思い出すと、確かに、昔利用した図書館はこんなふうに本を置いてましたもんね。

たったのこれだけで、子供たちの絵本に対する興味関心度合いが劇的に変わります。

我が家で実験して確認済みですので、ぜひお試しください。

おすすめの絵本ラック ※現役ママが考えたアイテムです

ここからは絵本ラックのオススメの紹介です。

絵本ラックを選ぶポイントは、ざっくり以下かなと思いますが、「いつまで使うんだろう?」など気になりますよね。

  • 絵本の表紙が見える、大きなサイズの絵本が置ける
  • 子供の目線に近い
  • 絵本以外のおもちゃや雑貨類も収納できる
  • 角が丸い、指を挟まないなどの危険が少ない
  • コンパクト
  • 部屋のデザインに馴染む
  • リーズナブルなお値段

そんな方へのぼくの明確なオススメ品はこちらです。


 

なぜなら、下記のとおりでして、いいとこだらけだからです。

さすが現役ママが考えたと謳うだけあって、痒いところにも手が届く仕様です 😀

  1. 横幅のサイズを「50cm」と「70cm」の2つから選択可能
  2. デザインを「ナチュラル」「パステルグリーン」の2つから選択可能
  3. 本棚の角は丸く加工、ネジ穴もなし
  4. 高さは70cmで子供目線で本が取り出しやすく片付けやすい
  5. 下段は本の収納はもちろん、おもちゃの収納もできる
  6. 絵本ラック自体が約6kgと軽く、ママでも簡単に移動可能
  7. 底面には滑り止め付、子供が使っているときに動かない
  8. 完成品で届くので、組み立て不要
  9. 床との間にすきまがないので、ほかりが溜まりにくい
  10. シンプルな天然木のデザインで子供が大きくなっても仕様可能

もし、コスト的にシンドいということであれば、有名なメーカーであるアイリスオーヤマの作品もありですよ。


 

絵本選びに迷ったら

オススメの絵本をご紹介していますので、こちらをご参考ください。

<記事>

この記事では、↓のテーマについて取り上げました。

家に絵本があるのに、子供が全く絵本に興味を持ってくれない。。

悩みや疑問をお持ちの方に少しでも役立てば嬉しいです^^

ほんだらのー!

-子育てアイテム

Copyright© Seipon Blog , 2020 All Rights Reserved.