キッズリュックのブランド選びのヒント【アウトドア+αの選択肢】

悩むママ

キッズリュックのブランドってどんなものがあるんだろう?サイズや形で「こんなはずじゃ……」って失敗したくないし、選びやすいものがいいなぁ。おすすめがあるなら知りたい。

…という方向けの記事です。

キッズリュックって選択肢が多すぎて、「どれを選べばいいんだ……」ってフリーズしませんか?

でもって、周りのパパ友・ママ友がどのブランドのリュックを選んだって情報も意外と入ってこなくって。

カンガルーパパ

我が家は「このリュックでいいのかな、被ってないかな」といろいろ心配しつつ、最後は「エイヤっ」とポチった笑

今回はそんな昔の自分に届けるイメージで、失敗しないキッズリュックのブランド選びのヒントをお届けします。

それではいきましょう!

目次

キッズリュックのブランド選びのヒント

結論、アウトドアブランドがおすすめです。

理由は次のとおり。

  • 登山や雪山などで動き回る想定でのリュック作りのノウハウあり
  • アウトドアならではの厳しい環境でも背負いやす
  • 子供独特の雑な扱いでもすぐに壊れたり破れたりしない

アウトドアブランド以外にもスポーツブランドやファッションブランドがあります。

ただ、スポーツブランドのリュックは「スポーツの行き帰りの荷物を入れるバッグ」でしかなく。

子供服ブランドのリュックは「日常使いのバッグ」でしかないんですよね。

子供はやっぱり動き回るじゃないですか。

リュックを使うシーンは、毎日の登園に代表される日常使いだけじゃなくて、遠足や運動会や家族のお出かけもある。

そう考えると、やっぱりアウトドアブランド一択です。

その証拠に、アウトドアブランドもキッズリュックに力を入れてます。筆頭がザ・ノース・フェイス。大人にも馴染みありますが、子供向けも他ブランドよりも多い最多13種類を展開していますよ。

アウトドアブランドのキッズリュック おすすめ5選

おすすめのアウトドアブランドのキッズリュック一覧です。

リュック選びで失敗してほしくないため、明確な選択基準があります。

ブランド・商品の想定対象が「キッズ」であることです。

子供が使えるアウトドアブランドのリュックって多いんですが、「キッズ向けじゃないもの」も実は多い。

本記事では「子供も使えるけど、基本は大人向け」というブランド・商品はなるべく除きました。

カンガルーパパ

これこそ、キッズリュック選びで失敗しないコツだと思ってます!

分類ブランド名
超定番!ザ・ノース・フェイス
定番!コールマン
次点コロンビア
ベビー期だけマムート
幼児期だけアウトドア
アウトドアブランドのキッズリュック おすすめ5選

どんどん成長する子供の年齢・大きさに対して、キッズリュックを複数展開するブランドは実は限られています

ぶっちゃけ、この3つだけ。

  • 超定番:ザ・ノース・フェイス
  • 定番:コールマン
  • 次点:コロンビア

若干の子供向けリュックを手がけるブランドが多い、そんなキッズリュック市場です。

では、上から1つ1つご紹介しましょう。

多すぎて迷う場合は、ノースフェイスかコールマンから選ば間違いありませんよ^^

ザ・ノース・フェイスのキッズリュック

キッズリュックの超定番です。

最大のウリは、アウトブアブランド最多の13種類を扱うからこそのサイズの豊富さ、想定使用シーンの具体さです。

ザ・ノース・フェイス公式サイトでは、1つ1つのリュックの想定使用シーンが示されているんですね。

例えば、以下はスモールデイ(15L)の商品画像と説明です(黄色箇所参照)

ノースフェイスリュック_K Small Day_アイテムギャラリー(公式サイト)
ノースフェイスリュック_K Small Day_アイテムギャラリー(公式サイト)
ノースフェイスリュック_K Small Day_想定利用シーン(公式サイト)
ノースフェイスリュック_K Small Day_想定利用シーン(公式サイト)

これを表にまとめると次のとおり。

太字部分の想定使用シーンを見れば、どれを選べばいいかイメージがつきやすいのが嬉しいですよね!

商品名・大きさ(容量:L)使用シーン(公式サイトより引用・抜粋)
バークレーミニ:7L子供のちょっとしたお出かけや遠足
ホームスライス:8L行動範囲が広がる3-4才ほどのキッズに対応
フライウェイトリトルデイ:9L林間学校や旅行中の町歩きに重宝する、ジュニア向け9L容量の軽量
ホットショットミニ:13L通園やちょっとしたお出かけなど、普段使い
スモールデイ:15L未就学児から小学生まで対応する機能的なアウトドア用デイパック
フライウェイトデイ:15L林間学校や旅行中の町歩きに重宝する、ジュニア向け15L容量の軽量
レクタング:17L未就学児から小学生まで対応するデイパック(リュック)
バークレー:19L自然学校やキャンプ、遠足に使いやすい
テルス:20L小学校中学年~高学年の日帰り用に適したトレッキングパック
ヒューズボックス2:21L塾通いや習い事などの用具がたっぷり入る
ラウンディ:22Lトレッキングからデイリーユースまで幅広く活用できる
トスボックス:22L1泊の林間学校やサマーキャンプに適した22L容量のキッズ用中型
サニーキャンパー:46L林間学校やサマーキャンプに適した、ワイドシルエットのキッズ用
ザ・ノース・フェイスのキッズリュックのサイズ展開一覧表

詳細は以下の記事にまとめています。

コールマンのキッズリュック

ノースフェイスに続く定番がコールマンです。

最大のウリは、老若男女問わないベストセラー&ロングセラー「ウォーカー」のキッズ版が3種類ある点です(5L、10L、15L)。

コールマンもノースフェイス同様、公式サイトで商品ごとの想定利用シーンの言及があります。

太字部分で「何歳の」「どんなシーンの」と想像を巡らせながらリュックを選ぶことができますよ。

商品名・大きさ(容量:L)使用シーン(公式サイトより引用・抜粋)
キッズプチ(5L)ファーストバッグとして最適サイズのキッズ用リュック
キッズウォーカーミニ(10L)遠足や通園に最適なキッズ用リュック
ウォーカー15(15L)女性や子供が使いやすい、アウトドアエッセンスを取り入れ
ジャックインパック(18L)大きく開き収納力の高い軽量キッズバッグ
シールド18(18L)スポーツ少年やアクティブな子供たちのためのバッグパック
スクールパック(20L)通学・通塾に最適 スクエア型の20L
ウォーカー20(20L)アウトドアで大切な機能を搭載したマルチユースなバック
シールド25(25L)通学・部活に最適、防水素材のスクエア型25L
ウォーカー25(25L)ハイキングや軽トレッキングはもちろん、デイリーユースも
シールド30(30L)アクティブなスクールアスリートのパートナー
ウォーカー33(33L)家族と過ごす週末、仲間とのフィールドワークに最適
トレックパック(42−50L)林間&臨海学校に最適 防災バッグとしても使える
コールマンのキッズリュックのサイズ展開一覧表

詳細は以下の記事にまとめています。

コロンビアのキッズリュック

超定番・定番ときて、次点はコロンビアです。

ウリは、定番の「キャッスルロック」のキッズ向けを展開している点です(12L、15L)。

こちらも表をご覧いただきましょう。

コールマンの子供向けリュックの商品展開数(太字部分)を見ると、ノースフェイスやコールマンの子供向けリュックの商品展開の本気度が半端ないと分かりますね苦笑

商品名・大きさ(容量:L)使用シーン(公式サイトより引用・抜粋)
プライスストリームユース(12L)アウトドアはもちろん日常使いにもぴったり
キャッスルロックユース(12L)アウトドアを楽しむアクティブなキッズにぴったり
キャッスルロック(15L)女性や子供のデイリーユースにも使いやすい
フレッチャーアベニュー(20L)学生と共同開発し、学生生活での使いやすさにこだわった
スチュアートコーン(20L)自然公園へのピクニックやタウンシーンでのアウトドアコーデにぴったり
キャッスルロック(20L)ハイキングにぴったりなサイズで、タウンユースにもマッチするルックス
グレートスモーキーガーデン(22L)日常使いにぴったり、軽いハイキングにも使用できます
ペッパーロック(22L)タウンからアウトドアまでシーンレス
キャッスルロック(25L)日帰りハイキングなどにぴったりな容量、タウンユースにも最適
ハンプトンパス(25L)アウトドアブランドならではのしっかりとした造りで、通学などにも使用
ティンカーズパークアウトドライ(25L)雨天や水辺のアクティビティから、街使いや自転車などのデイリーシーン
【コロンビア】子供向けリュックのサイズ表一覧

マムートのキッズリュック ※ベビー期だけ

ベビー期だけはマムートのキッズリュックはアリ!(4L、8L、16L)

「この時期」「こういうシーンなら」の代表例がマムートです。

特に4L、8Lの「ファーストジップ」と言う商品でして、ベビー期に活躍するサイズ感です。

率直に言って、ズルいくらいかわいい

逆に言うと、ある年齢からはかわいすぎて子供が嫌がったりしそう😱 サイズ的にも未就学児までが限界ですね。

アウトドアのキッズリュック ※幼児期だけ

幼児期だけはアウトドア(outdoor products)のキッズリュックはアリ!(13L、19L)

アウトドアは特に保育園児・幼稚園児に多いですよ。

ウリは、豊富なカラー展開・他ブランドよりリーズナブルな値段設定ですね。

分かりやすいサイズ感も選ぶ上でありがたいポイント。

  • 13L(キッズ チアフルデイパック):B5の書類OK
  • 19L(ジュニア チアフルデイパック):A4の書類OK

おまけ

おまけとして、以下3つのケースに対するオススメをご紹介します。

  • 被らないキッズリュックが欲しい
  • 見た目がおしゃれなキッズリュックが欲しい
  • 見た目がかわいいキッズリュックが欲しい ※特に女の子向け

上から順に補足しますね。

被らないキッズリュックがほしいなら ※ミレー

悩むママ

定番などもいいけど、なるべく被りづらいものがいいなぁ

「できれば他の子供と被りづらいものがいいな」という人もいるでしょう。

おすすめは、フランスのアウトドアブランド「ミレー」です。

ウリは次の3点です。

  • アウトドアメーカーらしく軽くて丈夫な素材感
  • 色合いがド派手じゃなくてオシャレ
  • 小型なのに収納力

公式サイトで唯一「キッズ向け」と書かれているのが、フラッシュですよ(14L)。

見た目がおしゃれなリュックが欲しいなら ※ケルティ

悩むママ

見た目がおしゃれなリュックってあるのかな?

「見た目がおしゃれでかっこいいリュックがいいな」という人もいるでしょう。

おすすめは、アメリカのアウトドアブランド「ケルティ」です。

ウリは、何と言っても、シャープでかっこいいシルエットでしょう。

特に三角形が映えるのは大人が見ても惹かれる要素アリですよね。

ただし、キッズ向けと銘打たれているのは次の10L、11Lだけ15L以上の商品も多々ありますが、基本は子供向けではないことに注意が必要です。加えて、三角形ゆえに、意外と容量がない点も懸念です。

見た目がかわいいリュックが欲しいなら ※オーシャンアンドグラウンド

悩むママ

見た目がかわいいリュックってあるのかしら?

特に女の子向けに、見た目がかわいいリュックが欲しいという親御さんもいるはず。

おすすめは、子供服ブランドオーシャンアンドグラウンド」のリュックです。

はじめにお断りしておくと、アウトドアブランドではありません。

子供服ブランド・ファッションブランドです。

だからこそ……かは分かりませんが、フリル付きのリュックやアウトドアブランドにはない色合いのリュックがあります。

詳細は以下の記事にまとめています。

まとめ|「キッズ向け」のお墨付きあるリュック選びが吉

この記事は以下について書きました。

キッズリュックのブランドってどんなものがあるんだろう?サイズや形で「こんなはずじゃ……」って失敗したくないし、選びやすいものがいいなぁ。おすすめがあるなら知りたい。

改めて、特に定番のブランドであるノースフェイス・コールマンの詳細は以下です。

これらの情報が、キッズリュック選びのヒントにつながれば嬉しいです。

ほんだらのー!

SNSでシェアお願いします
目次
閉じる